はたらぼ IT転職専門サイト

IT業界でのキャリアを考えるあなたの為の転職情報専門サイト

ホーム > 転職ノウハウ > 応募要件用語集 > 上流工程から下流までの開発経験

上流工程から下流までの開発経験

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote

2011年05月02日

キャリアを考える時に役立つ、求人情報でよく見る応募要件の用語集です。

「上流工程から下流までの開発経験」って、具体的には?

A.上流工程とは ハードウェアやソフトウェア、システムなどの開発・設計における初期段階のことを指します。

よくある記載例

上流工程経験者。下流工程なども含め、経験してきた業務の幅としては広いほうが好ましい。

上流工程から下流工程までの経験

システム開発に関して、上流工程から下流工程までご経験された方

上流工程から下流工程の実務経験

「上流工程から下流までの開発経験」は、こう読む!

まず、上流工程とは ハードウェアやソフトウェア、システムなどの開発・設計における初期段階のことを指します。
具体的には「要件定義」「機能定義」をはじめとして、全工程のスケジュールの計画を行う「計画立案」などが上流工程に含まれます。

また、下流工程とは上流工程を経てシステムの実装やコーディングの段階を指します。
上流工程から下流工程までの開発経験を問われる場合、要件定義や計画までの大枠の立案から、システムの実装経験までのトータルの工程に携わった経験があることを表します。

&転職サポートサービス

スカウトを待つ

キャリア相談/転職支援が全て無料

パソナキャリアでは、16,000社を超える企業を知るコンサルタントが、あなたのキャリアやスキルに最適な求人をご紹介しています。転職までにかかる費用は無料です。

おすすめサービス

→転職サポートサービス

→スカウトを待つ

→求人を探す

あなたの年収適正ですか? 適正年収シュミレーション

↑このページの先頭へ